RICE BALL

海と一緒に行けるカフェやレストランが熱海にないかと調べたところ、いくつかあったので安心していた。その中で今日訪れた「RICE BALL」というカフェは、これぞ『熱海の母』的なママがいて、最高なお店だったのだ。

「RICE BALL」は、熱海の旧市街(来宮の下)海沿いの道に面している。道の外にいくつも席が並んでいるけど、ワンちゃんは店の中まで入れるというのだ。電話をして混み具合を聞くと、今なら全然空いているとのこと。すかさず「ワンちゃんもいますか?」と聞き返されて、いますと答える。

寒い風が吹いていたので店の一番奥に座ると、犬用にお水とおやつも出してくれる。僕たちが入って注文すると、少ししたらどんどんお客さんが犬連れで入ってきた。

お店は、60代くらいの化粧の濃いママと、もう一人はナチュラルな肝っ玉かあさん系の女性。二人とも気さくで、犬が大好きな様子が伝わってくる。

店でおとなしく座っている海

海をはじめ犬たちは、それぞれ他の犬の様子を伺ったり、遠くても反応しあっているのがわかる。お客さん同士も犬を飼っているという共通点からか、和やかに話が始まる。

帰り際、ママが出てきて海を抱っこした。海はまだ他の人に抱かれるのに緊張している様子で、それでもママはお構い無し。海は大型犬なので、3ヶ月と言っても大きな犬に見えるので、通常誰も怖がって触ってくれない。僕たちは、海を触ってくれるママさんがいて喜んだのだ。

昭和の飾らない下町情緒があって、きっぷのいいママがいるお店。この店なら毎週末だって訪れたい。

⭐️RICE BALLhttp://www.riceboll.info

愛犬の駅。

伊東の隣の伊豆高原に、「愛犬の駅」という犬を連れて入れるカフェレストランがあるというので、海を連れてお出かけした。

広いドッグランがあって、犬に関するグッズがあって、その上飲み物も食事もできる。


犬用の水飲み用器やオムツなんかも完備してあり、人間と犬が一緒にくつろげる空間だった。

海にとってはドッグランデビューはまだまだ先だけど、こんな風に他の犬を見ながら、人間と一緒にくつろげるというのは、なかなか珍しかったようで、緊張しながらも他のいぬに興味津々で見つめていた。

他の犬に無駄に吠えることもなく、人間の食事を羨ましがることもなく、おとなしくしている海は、僕からしても手のかからないよくできた犬だと思う。

こうやって少しずつ、他の犬や人間と一緒にいることができるように、社会化の訓練を重ねているところ。

⭐️愛犬の駅https://www.welovedogs.jp/station/

叔母の誕生日。

父には一人妹がいて、父が5歳の時に祖父(父の父)を無くして以来、祖母と3人で暮らして来たこともあり、妹との絆は尋常じゃ無いくらい厚かった。

自分に子どもができなかった叔母は、僕たちのことをとても可愛がり、、柴犬とヨークシャーテリアを叔母のおかげで飼うことができた。

叔母は3歳の時に父親を亡くし、祖母と父と3人で苦労をしたせいか少し偏屈なところもあって、僕の母と喧嘩になったり、僕の兄と喧嘩になったり、兄のお嫁さんと喧嘩になったり、人との付き合い方でいつも問題を起こすような人だ。

僕は一方的に怒られたことはあるけど喧嘩にはならず、付かず離れずの関係を続けているのだけど、誕生日の日にはお花を贈っている。

今年は昼過ぎに電話が来たので、届いたのかと思ったら、僕からの贈り物が来ないので心配になって電話をしたそうだ。

調べてみると僕が書いた住所が間違っていたようで、再配達は夜になることになった。

81歳を迎えた叔母は、自分の亡くなったあとのことを心配しているようで、「親戚はあなた達しかいないから、最後は頼むからね」と言っていた。

叔母のことを思うといつも僕は、自分たちのようなゲイも同じだなあ・・・と思うのだ。子どもを持たない僕たちは、お終いの仕方をきちんと考える必要がある。

「叔母さんは心配しなくていいからね。僕たちが最後はきちんと見るから」

そんな僕の言葉に、少しは安心してくれただろうか。

週に一度の東京。

今のところ、東京へは週に一度仕事で出かけている。

12時02分の新幹線に乗って、新幹線の中でお弁当を食べて、40分で品川に着いたら山手線に乗り換えて、新橋のプロダクションには13時に着くことができる。移動もしながら食事もできて、これってなかなか近くないだろうか?

今はまだ海を長時間一人にしたくないため、仕事が終わると一直線で新幹線に飛び乗る。一刻でも早く家に帰りたいときは、熱海駅からタクシーに飛び乗ればあっという間に家に着く。

熱海に引っ越して2ヶ月半が経とうとしているけど、今の所不便を感じることは、新宿2丁目でお酒を飲んでいられなくなったということと、映画を観に行けなくなったことくらいだろうか?

新しい場所での暮らし方にも、少しずつ慣れて来たところ。

田舎生活での、日常品の買い物。

熱海に引っ越して来て一番変わったことは、買い物の仕方だろう。

30年近く渋谷区に住んでいた頃は、週に3回から4回はスーパーに行って買い物をしていた。帰り道にピーコックに寄ったり、伊勢丹や高島屋の地下で買って帰ったり、OKストアには一日置きに通っていたように思う。

熱海に引っ越してからは町まで遠いということもあり、なるべく買い物は週に1回で済ませるようにしている。野菜とお肉を中心に買うのが基本で、それに加えてパンや卵、うどん、豆腐や納豆を少し多めに買い足しておく。

チューハイやワインなどの重たい飲み物はもっぱら宅配で、僕の家には階段が50段以上あるため、宅配のお兄さんやお姉さんが運んで来てくれると申し訳ない気もするけど、amazonや楽天に大いにお世話になっている。

そういえばコンビニにも行かなくなった。前は家の向かいにコンビニがあったためか、ほぼ毎日買い物していたように思う。でもいざコンビニが遠くなるとそれほど必要性を感じることもなく、無ければ無いでやっていけるんだと改めて思ったのだ。

食材は工夫して料理するようになった。買い物をするときは先の日の料理までは想像せずに、毎日その日食べるものをある食材で作るようになった。たとえ作る料理に足りない野菜があっても、代案の野菜で補ったり、お肉が少なければ他のものでタンパク質を補う。

買い物が1週間に1度になると、自ずと買い物に使うお金も少なくなるものだ。今はほとんど外食はしないので、以前よりも食費がかなり減っていると思う。

暮らす場所が変わったことで、今までこうでなければならないと思っていた暮らし方も、別の暮らし方があったのだと気付かされた。

メープルクリーム。

ずっと前に友人からもらったメープルを、なぜかメープルバターだと思って使い方がわからず冷蔵庫に入れっぱなしにしてあった。

先日メープルシロップがなくなったため、バターでもいいかと出したところ、よくよくパッケージを見るとメープルクリームと書いてあって驚いた。メープルクリームは開けて見るとシロップのようで、早く開ければよかったと思ったのだ。

メープルクリーム(シロップ)の使い道は限りない。

紅茶に垂らしても美味しいし、パンに塗っても美味しい。サツマイモを、フライパンで炒めてからメープルクリームを絡めるととんでもなくおいしい。

メープルクリームを見ながら、これをくれたNYに暮らす友人のことを思い出す。正月にメールが来て、トランプ政権が終わることをとても喜んでいた。

コロナが落ち着いてNYに行けるようになるのはいつのことだろうか?

ジモティー。

引っ越しに伴って大きな冷凍冷蔵庫を買ったので、東京から一つ持ってきた冷凍庫が不要になったため、捨てようか迷った末に、まだまだ使える品物なのでジモティーで欲しい人を探すことにした。

東京ならまだしも、熱海で冷凍庫なんて欲しい人がいるのかな?などと思っていたら、次から次へと欲しいという人が現れた。

2018年製造の冷凍庫で、まだまだ使える感じなので5千円にしたのだけど、「こんなことなら1万円にしとけばよかったね」と言ってKと笑った。

要らないものがなくなると、贅沢な空間ができる。

まだまだ和室には手放したいものがたくさんあるので、これから少しずつ処分していこう。

海とドライブ。

週末は毎回、海を連れて買い物をするためにドライブに出ている。

犬は、3ヶ月くらいまでが社会になれるために重要なようで、なるべく家の外の様々な刺激に会って、経験することが大切なようだ。

カインズがいいのは、ペットも同伴で一緒に見て回れるから。カインズに行ってカートに乗り、他のお客さんとすれ違ったり、子どもが急に大声あげたり走りだしたりするのも見せる。

突然おばさんが「可愛いわねえ・・・」と言って海を撫でようとする。海は僕たち以外の人とあまり接触したことがないため少し怯えているのがわかる。

海に行って、波の音を聞かせたり、お散歩している他の犬も見せる。ワクチンが2回しか終わっていないため、接触はさせないようにするのだけど、ほかの犬に会うことも重要なようだ。


前は車の中で吐いていたけど、車に乗ることにも少しずつ慣れてきたようだ。

少しずつ海と行ける世界が広がって、3人でこれからいろいろなところに行きたいと、今から飛行機に乗る旅行を夢みているところ。

海の爪と足の裏の毛を切る。

海が家に来ておよそ1ヶ月、その間に爪が伸びて来たようで、爪切りを買っておいた。

犬の爪は血管が通っているため、慎重に切らないと血が出てくるし痛い思いもしてしまう。

海のように黒い爪は、神経がどこまで通っているのかがわかりにくいため、少しづつ慎重に切らなければならない。

まだ3ヶ月の海は、爪切りなんておそらく1・2回くらいしか経験していないため、爪を切られることにも慣れていないしきっと抵抗するに違いないと思い、直径40センチ高さ90センチくらいの丸いサイドテーブルの上に乗せて二人掛かりで爪を切ることにした。

高いところだとおとなしくバリカンを入れさせてくれる

高いところに乗せられた海はあまり暴れることもなく、驚くほど静かに爪を切らせてくれた。

そしてその勢いに乗って、足の裏の毛もバリカンで切ることに。

これもオヤツをあげながら切ると、嫌がりこともなく切らせてくれた。

スタンダードプードルは、レトリバーなどと違って単毛なため、毛の抜け替わりがなくその分毛がどんどん伸びていくため定期的にカットする必要がある。そして、トリミングをしてもらうには、スタンプーだと大きいため1万5千円とか2万円するのだ。

時々はトリマーに散髪してもらうにしても、人間より高い美容代を払うより、家でトリミングできれば楽しいかもしれない。

トラウマにならないように、少しずついろいろな経験をさせて慣らしていこうと思う。

Kと海のお出迎え。

東京での初仕事である録音や編集を終えて、熱海に着いたのは夜の9時。

午後からずっと家を留守にしていたので、一人ぼっちだった海が心配だったのだけど、今回はうんちを踏んではいるもののそれほど荒れることもなくケージの中で過ごしていたようだ。

僕はKの晩ご飯を用意して出かけたのだけど、海を洗ったり、ケージを拭いたりしていたKは、晩ご飯を温めたりする時間もなく、熱海の駅に僕を迎えに来てくれた。

海は助手席でふんふん鳴いていたようだけど、熱海駅で僕の顔を見ると嬉しそうに尻尾を振り出した。

K「今日はマックにしようか?」

僕「うん。今、適当に買ってくるね」

9時を過ぎた熱海駅で買える晩ご飯は、マクドナルドくらいなのだけど、それでも、海とKと3人で車で帰ってから家で食べるマクドナルドはとても美味しかった。